愛されるアイメイク,

サイトタイトル TOP > ナチュラルアイメイクにするコツを掴みましょう!愛らしい目元に

ナチュラルアイメイクの為には、下地もきちんと

ナチュラルな薄付けのアイメイクですが、アイメイクが崩れてしまうと、とてもかっこ悪くなってしまいます。

目元が崩れた感じになると、顔の印象がガタ落ちです。



アイメイク用のベースがありますので、それを薄く塗ってあげると、アイメイクが崩れにくくなります。

下地に使える日焼け止めもありますので、そちらを代用する事も良いでしょう。



目元は薄い皮膚で、しかも動きが激しい場所でもあります。

どうしてもメイク崩れしやすい場所なので、メイクの下地に気にかけてあげる事は大事な事です。

アイシャドウをナチュラルに塗るコツ

アイシャドウは、アイホール全体にベースで薄いカラーを乗せますが、まぶたの際には濃いカラーを乗せるのがアイシャドウの使い方の基本です。

でも、まぶたの際に濃いカラーを乗せると、ちょっと強調され過ぎになり、ナチュラルとは言えなくなります。

そこは、アイラインに任せて、アイシャドウの濃いカラーは乗せないようにしましょう。



逆に、下まぶたに若干カラーを乗せてあげると、綺麗に映えます。

涙袋のところに、ハイライト系を薄ら塗ってあげると、目元が綺麗に柔らかく可愛らしくなります。

ポイントは、あくまで薄くほんのり乗せる事です。

薄いカラーなので、乗せすぎると却って光沢が出てしまって、そこだけが光って見えてしまいます。

乗せ方を慎重にし、自然に輝く目元にしましょう。

マスカラのナチュラルな乗せ方

まつ毛は、ナチュラルに仕上げるにしても、やはりビューラーでカールしてあげる事が大事です。

カールをして、マスカラを過剰に乗せすぎない、細くて綺麗なまつ毛に仕上げましょう。



まつ毛を綺麗に上げるコツは、ビューラーで1度上げてから、マスカラを塗り、乾いてから再度ビューラーでまつ毛を上げてあげる事です。

どうしても1度のビューラーでのカールでは、持続性が薄いです。

2度上げしてあげて、クルンとした可愛らしいまつ毛にしましょう。



カールさせたまつ毛は、綺麗に薄付きに細くまつ毛を色づかせると清楚になります。

ブラシに着いたマスカラ液は、1度マスカラの口でしごいてからまつ毛に乗せましょう。

それでは足りないようでしたら、再度同じようにまつ毛に乗せましょう。



まつ毛美容液や、マスカラ下地を使う事も良いでしょう。

マスカラの量が少なくても、長く美しいまつ毛になります。

眉毛は、眉毛の間をアイブロウで

眉毛は、自然で目立たない程の色を乗せてあげると、眉毛との調和が出来、綺麗な眉毛に見せ事ができます。

あまり眉毛を剃り過ぎず、眉毛の輪郭は既存の眉毛を使って眉毛ラインを作るようにすると、ナチュラル眉毛になります。

アイブロウ等で眉毛の輪郭を描くと、いかにも描いた!と言う感じの眉毛になってしまいます。

ナチュラルな眉毛には程遠くなるので、絶対に避けましょう。



パウダー系のアイブロウが苦手という方は、ペンシル系のアイラインのグレー系やブラウン系を使って、眉毛の間を埋めていくと描きやすいですよ。

黒い眉毛でも、ブラック系のカラーを使うと、眉毛が濃い目に見えてしまいます。

ワントーンカラーを落としたものを使うと、出来上がりが綺麗に仕上がります